企業理念

ITを通じて
人と人、人とモノをつなげて
世界を幸せに

スカイネットはITの力で人々の暮らしを豊かにし、社会へ貢献してきました。
今後も躍動するITと共に健全な社会発展に寄与し、世界を幸せにする大志を持って成長を続けていきます。

代表挨拶

代表写真
代表取締役 田中秀明

株式会社スカイネットは「人と人、人とモノをつなげて世界を幸せに」という経営理念の下、企業価値の最大化を図るとともに、人々が必要とする情報・テクノロジーのさまざまな事業に取り組んでまいりました。

おかげさまで多くの企業様の案件に携わらせていただき、起業時は3名で活動してきた社員も30名を超え、現在は第二創業期を迎えています。
幸いなことに、当社のメインクライアントは最先端分野を担う大手ベンダー、SIerおよびエンドユーザーであり、共同で開発を行う案件は競合他社と比べて、業務内容や条件において非常に良いものが多いのが特徴です。

今後の事業方針としては、ITインフラ・クラウドサービスの導入が加速する中、IoTやデジタルトランスフォーメーションなど社会のニーズに合ったソリューションの提供を展開していきたいと考え、これまで培ってきたインフラ技術や運用・保守のノウハウをベースにアプリケーション開発も手掛けてまいります。また、今日のテクノロジーの進化に対応し、世の中が自動化されたとしても淘汰されない力のあるエンジニアを育て、時代を担う人材の育成に、より一層尽力する所存です。

社員の自己成長のサポートはもちろん、 メンバー一人ひとりのライフスタイルに合わせた仕事のあり方も追及していき、全社員が生き生きと楽しく仕事をすることで、クリエイティブで充実した生活全般における幸福度の両立を図っていける企業として成長し続けることを目指します。